30代女子お金の本音 〜「老後が不安」な30代、今から始められることは〜

2022.10.19

30代こそ「iDeCo」の始め時

30代こそ「iDeCo」の始め時
イラストレーション:進藤やす子

<登場人物>

akane1
アカネ
33歳。大学卒業後、アパレル会社を経て、IT企業に勤務。東京都内で一人暮らし。年収730万円で、貯蓄額は300万円。「つみたてNISA」(年間40万円)歴2年目、半年前から「投資信託」(月1万円)もスタート。3人の中で金融知識が一番ある。
mai3
マイ
33歳。大学卒業後、飲料メーカー就職。実家暮らしの堅実女子。年収670万円で、貯蓄額は400万円。財形貯蓄を継続している。アカネのすすめで「つみたてNISA」(年間40万円)をスタート。「投資信託」(月2万円)も始めた。
ryoko3
リョウコ
33歳。大学卒業後就職した会社は退職し、現在はエンターテインメント企業に勤務。年収650万円で、貯蓄額は100万円程度。最近結婚したばかり。アカネ、マイと同じタイミングで「つみたてNISA」(月2万円)をスタート。
takayama1
高山一恵先生
ファイナンシャルプランナー(CFPR)、1級FP技能士。株式会社Money&You 取締役。初心者でもわかりやすくをモットーに、講演、執筆、相談業務などを通して、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。
manga01
manga02
manga03
manga04
akane1

アカネ
高山先生、今日は、老後の不安に備えるにはどうすればいいか教えていただきたくて参りました!

ryoko3

リョウコ
初めまして、私もご一緒させていただきます。

takayama2

高山先生
3人とも、本当に熱心ですね。でも、若いうちからお金に関心を持って、準備するのはとても良いことだと思います。

mai2

マイ
私たち3人とも「つみたてNISA」を始めているし、私とアカネは半年前から「積立投資」にも挑戦しているのですが、将来のことを考えると、まだまだ不十分な気がして。

ryoko4

リョウコ
私は結婚したばかりで、妊娠・出産、子育てを考えると、この先同じ会社でずっと働くか不確定な部分があります。そうなると退職金もあまり期待できないし……。

akane2

アカネ
円安で物価は上がっているのに、公的年金が減額されるというニュースを見たりすると、私たちが年金を受け取る時はどうなっているの? と心配になります。

takayama1

高山先生
確かに不安要素がいっぱいの世の中ですよね。とはいえ、怖がってばかりいたら今を楽しめませんから、知識を得て、正しく備えましょう。

akane1・mamai1

アカネマイリョウコ
はい!

takayama1

高山先生
3人が知りたいのは、「老後のお金をどう準備したらいいのか」ということですね?

akane1

アカネ
そうです。老後のために今からできることはありますか?

takayama1

高山先生
それなら、「iDeCo」がおすすめですよ。

mai2

マイ
聞いたことあります。

ryoko1

リョウコ
同僚で始めた人がいたような……。

takayama1

高山先生
「iDeCo」は、老後資金を効率的に準備できるように、2001年10月からスタートした国の制度で、歴史は20年以上。もともとは「個人型確定拠出年金」や「日本版401k」と呼ばれていたんですが、2016年に「iDeCo」という愛称がつけられ、認知度がぐんと上がりました。

akane1

アカネ
へー、そんな前からあるんですね。

takayama2

高山先生
少子高齢化が進む日本では、公的年金だけで豊かな老後生活を送ることが難しくなる。そう考えた国が、「公的年金を補う老後資産を自分で準備してくださいね」という意味で整備したのが「iDeCo」です。

akane1

アカネ
自分で自分の年金を準備するんですか?

takayama3

高山先生
そうです。だから年金と同じく、「iDeCo」で運用したお金は、原則60歳まで引き出せませんし、途中解約もできません。

mai2

マイ
へー! そのあたりも年金的発想なんですね。

takayama1

高山先生
余談ですが、「iDeCo」を管轄するのは厚生労働省。みなさんが始めた「つみたてNISA」は金融庁が管轄だったでしょう? 管轄省庁が違うことからも、制度の意味づけが違うのがわかりますよね。以前は自営業者の加入が多い印象でしたが、今は会社員もこの制度を利用する人が増えているんです。

ryoko1

リョウコ
「iDeCo」は具体的にどんな制度なんですか?

takayama2

高山先生
「iDeCo」は「つみたてNISA」と同様に、毎月一定額を積み立ててお金を増やしていく制度なんですが、運用商品は定期預金、保険商品、投資信託の中から選べるんです。定期預金や保険商品は安全ではありますが、個人的な意見をいえば、老後の資産を効率的に増やすという観点から、投資信託を選ぶのがベターだと思っています。

▼三井住友銀行で選べるiDeCoの運用商品はこちら
個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」 運用商品について
akane3

アカネ
なるほど~。投資信託なら、「つみたてNISA」や「積立投資」で経験済だからハードルが低いです。

ryoko1

リョウコ
でも、同じ投資信託を買うのに、「iDeCo」と「つみたてNISA」で、何が違うんですか?

takayama1

高山先生
「iDeCo」と「つみたてNISA」ではメリット、デメリットがかなり違うので、詳しく説明していきましょう。まずメリットとしての大きな違いに、「iDeCo」は節税効果が高いことがあげられます。

akane1

アカネ
節税? 投資するのに、節税できるんですか?

takayama3

高山先生
そうなんです。「つみたてNISA」よりも節税効果は高く、これこそが「iDeCo」の最大のメリットといえます。

▼iDeCoの節税効果を確認!税軽減シミュレーション
iDeCo・つみたてNISAシミュレーション
mai2

マイ
どういうことですか! 得になるってことですよね?

takayama1

高山先生
20年積み立てれば、100万円以上の節税になる可能性もあるんですよ。次回、図を見ながら、詳しく解説していきましょう。

▼今すぐiDeCoを始めたい人はこちら
個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」

▼将来もらえる年金額を確認
年金試算シミュレーション

▷Chapter2 「iDeCo」が節税になる!その仕組みを解説
どのくらい節税できるの?会社員の私も加入できる?くわしい仕組みを解説します!

※2022年10月現在の情報です。今後、変更されることもありますのでご留意ください。

監修:高山 一恵

シリーズの記事一覧を見る >

本サイトの掲載情報は、各記事の掲載時点で当行が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当行は保証を行っておりません。