わかると差が出る、資産運用キホンのキわかると差が出る、
資産運用キホンのキ

2018.3.28

ドルコスト平均法とは

投資の初心者にとって一番の難問は「いつ、どの銘柄を、どれだけ買うか」ということでしょう。ひとつ間違えれば元本割れもあると思うと、それだけで腰が引けてしまうものです。しかし、定期的に一定の金額で購入するドルコスト平均法を活用すれば、効率的な投資ができる可能性があります。

わかると楽しい、イラストシリーズ#7 アイドルコスト平均法 すべてのメンバーに毎月同じ額つぎ込むこと。好きな子がスキャンダルを起こし、ショックを受けることを避ける。

ドルコスト平均法の特徴を把握しよう

ドルコスト平均法は、毎月定額で購入するという安定感がありますので、長期の積立投資による資産形成に適した方法です。ただし、リスクもありますので、「ドルコスト平均法だから大丈夫」と無防備にならず、しっかりと特徴を把握していきましょう。

ドルコスト平均法で効率を高める

ドルコスト平均法とは、価格が変動する商品を、一定の金額で定期的に購入していく方法です。購入金額を一定に保つことで、価格が低いときには購入量が増加し、高いときには購入量は減少することになります。

投資信託の価格は、一般的に10,000口あたりの「基準価額」で表されます。1口1円の商品ならば10,000口で基準価額は10,000円、1口2円の商品ならば基準価額は20,000円になります。もちろん、基準価額は常に上下していますから、毎月同じ金額分を購入したとしても、その時々で何口購入できるかは変わります。

ドルコスト平均法で購入すると、全体平均購入単価を平準化しやすくなりますので、リスクを抑えた方法といえるでしょう。

ドルコスト平均法の具体例

ドルコスト平均法についての具体例として、毎月10,000円を積み立てていく場合を見ていきましょう。

基準価額が10,000円の商品ならば、10,000口購入できることになります。翌月、その商品の基準価額が8,000円に値下がりしました。すると、購入口数は「購入額÷(8,000÷10,000口)」ですので、10,000÷0.8=12,500口、となります。逆に、基準価額が12,500円に値上がりすると、10,000÷1.2=8,000口購入できることになります。

つまり商品が安いときには多く、高いときには少なく買うのが、ドルコスト平均法なのです。

ドルコスト平均法を活用しよう

ドルコスト平均法は長期の投資と相性がいいのですが、購入したまま放置しておくと、思わぬ結果につながりかねません。その点に注意しながら、ドルコスト平均法を活用してみてください。

>ドルコスト平均法のメリット、デメリット