HOME > 資産運用キホンのキ > わかると差が出る「ファンドの特徴」

わかると差が出る、
資産運用キホンのキ

2018.3.28

わかると差が出る
「ファンドの特徴」

特定の企業名や個人名を冠した「○○ファンド」という言葉を耳にしたことのある人も多いでしょう。ですが、その内容を詳しく知っている人はあまり多くないかもしれません。投資を始めるなら、まずファンドを理解することが必要です。

わかると楽しい、イラストシリーズ#8 アクティブファンども 活発なファンたちの総称。ライブを盛り上げてくれることもあるが、時にやりすぎて盛り下がることも。

ファンドについて、詳しくは下記をお読みください。

そもそもファンドとは?

ファンドは「資金」「基金」などと訳すことができ、かなり広い意味を持った言葉です。ただし、経済用語として使う場合には、「投資ファンド」のことを指します。
投資ファンドとは、多くの投資家から資金を集めて大きな資金を作り、それによって事業を運営して、利益が出たところで出資者に分配するしくみです。

どんな分野であれ、事業を興すには資金が必要です。事業規模が大きくなればなるほど、また事業期間が長くなればなるほど、より多くの資金が必要となりますので、一企業が資金を負担するにはリスクが大きくなります。そこで登場するのが投資ファンドなのです。

バランスファンド
株式や債券、不動産など、投資の対象となるものは多数あります。ですが、投資対象を一種類だけにしぼってしまうとリスクが高くなります。例えば株式に投資して、対象の株が暴落したら致命的な損失を受けてしまいます。そのようなことのないよう、値動きの異なる商品や通貨など、複数の投資対象を組み合わせたものがバランスファンドです。

インデックスファンド
金融市場には、その全体的な値動きを表す指標(インデックス)というものがあります。例えば、日本の株式市場の指標としては「日経平均株価」や「TOPIX(東証株価指数)」がありますし、アメリカの株式であれば「ダウ平均(NYダウ)」や「NASDAQ総合指数」があります。これらの指標と同じような値動きをするように作られ、運用されているのがインデックスファンドです。また、市場平均を上回る運用を目指すアクティブファンドというものもあります。

バランスファンドのメリット・デメリット

複数の投資対象を組み合わせるバランスファンドについて、メリットとデメリットを確認しましょう。

バランスファンドのメリット
・プロに任せることができる
バランスファンドでは、組み合わせの配分から実際の運用まで、金融のプロの手で行われますから、専門知識がなくても買いやすく、しかも手間がかからないので初心者の方でも投資しやすいといえます。

・リスクの分散になる
バランスファンドは、投資先が分散されていますので、株式や債券、不動産などに単独で投資するのに比べてリスクは低いといえます。バランスファンドの中の投資対象の1つが値下がりしたとしても、ほかの投資対象が値下がりしていなければ、損失を最小限に抑えることができます。

また、どの程度のリスクをとるかによって、自分に適した配分のバランスファンドを選ぶことができるのもメリットでしょう。

バランスファンドのデメリット
・手数料が高い
プロによる運用という手間がかかっている分、バランスファンドは高い手数料が設定されています。

・商品や配分の詳細を決めることができない
バランスファンドを構成する商品や配分などは、自分で変更することはできません。自分で商品を選んで配分したいという方には、デメリットになります。

インデックスファンドのメリット・デメリット

続いて、株式市場の値動きと連動するインデックスファンドについて、メリットとデメリットを確認しましょう。

インデックスファンドのメリット
・リスクを抑えることができる
インデックスファンドは、構成銘柄や組み入れ比率が、連動を目指す指標と等しくなるように投資していますので、1つの銘柄だけに投資するのと比べると、比較的リスクを抑えることができます。

また、世界中の株式市場、それも先進国から新興国までの市場にバランス良く投資できるインデックスファンドもありますから、確認してみてもいいでしょう。

・手数料が安い
インデックスファンドは運用コストが低いため、手数料が安いというのはうれしいポイントです。

インデックスファンドのデメリット
・値を下げる可能性がある
指標にリンクした値動きをするということはメリットもありますが、デメリットにもなりえます。市場の暴落などが起こると購入時より値を下げてしまうことがあります。

投資の基礎知識としてファンドを理解しておこう

ファンドは、投資において基礎知識として押さえておきたい言葉です。ファンドの意味をしっかり把握して、投資についての理解を深めていきましょう。