わかると差が出る、資産運用キホンのキわかると差が出る、
資産運用キホンのキ

2018.4.4

わかると差が出る
「定期預金を期間内または満期で解約する方法」

将来に備えて定期預金を検討したいけれど、「満期を過ぎたらどうなるの?」「急にお金が必要になったときに解約できるの?」など、満期や解約に関する疑問、不安をお持ちの方も多いかもしれません。今回は、定期預金を解約する手続きと、その注意点を見ていきましょう。

わかると楽しい、イラストシリーズ#11 定期・貝役 定期的に行われる海のミュージカルで、毎回貝の役をする役者のこと。ほかの役より少しだけ報酬が少ない。

定期預金の解約について、詳しくは下記をお読みください。

定期預金を引き出す3つの手続き

定期預金とは、一定期間は引き出せない代わりに、金利が高く設定される預金のことです。定期預金を解約し、お金を引き出すには、大きく分けて「満期解約」「解約予約」「中途解約」の3つの手続きがあります。

定期預金の満期解約(自動解約型)
満期解約は、定期預金が満期を迎えたときに解約となることです。定期預金を始める際、「自動解約型」で契約した場合は、定期預金の元本と利息分が指定された普通預金に入金されます。

入金される時間については、一般的に、満期日が銀行営業日なら0時頃になります。満期日が銀行休業日の場合は、翌日の0時頃になります。

定期預金の解約予約(自動継続型)
定期預金が満期を迎えたときに、同じ条件で定期預金を継続するのが「自動継続型」です。
定期預金を始めるときに、自動継続型で契約している場合は、満期日を越えてそのまま放置しておくと、同じ条件で新たに定期預金がスタートすることになります。

自動継続型で解約を考えているなら、事前に満期日に解約するよう予約しておきます。なお、満期日が近づいたタイミングで銀行から事前に通知が届く、金融機関もあります。

・解約予約の方法
満期日の前に手続きが完了すれば、「自動解約型」に変更が可能です。解約予約の手続きは、銀行の窓口やATM、インターネットで行うことができる金融機関もあります。
窓口での手続きは、通帳、銀行印、本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)が必要となります。ATMでの手続きでは、通帳、キャッシュカードなどが必要です。また、インターネットバンキングを利用する場合は、各金融機関の手続方法にしたがって、手続きを進めてください。

定期預金の中途解約
・中途解約の方法
中途解約の手続きは、銀行の窓口はもちろん、インターネットバンキングでも行うことができます。ただし、ATMは一部の金融機関のみになります。
窓口の手続きは、通帳、銀行印、本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)が必要となります。インターネットバンキングを利用する場合は、各金融機関の手続方法にしたがって、手続きを進めてください。

・中途解約の注意点
定期預金は、満期まで継続することを約束する代わりに、普通預金よりも高い金利が得られる金融商品です。途中で解約することは可能ですが、受け取ることができる金利には、当初の金利よりも低い利率となる場合が多いのでご注意ください。

定期預金をさらに活用するために

定期預金は、将来の資産管理として抑えておきたい選択肢になります。
定期預金をしている、または定期預金を検討している金融機関のホームページなどを参照のうえ、具体的な解約方法や、解約のデメリットを正しく把握し、定期預金を活用しましょう。