HOME > 資産運用キホンのキ > わかると差が出る「外貨預金とFXの違い」

わかると差が出る、
資産運用キホンのキ

2018.4.11

わかると差が出る
「外貨預金とFXの違い」

ドルやユーロを銀行に預ける「外貨預金」と、さまざまな通貨を取引できる「FX」。ともに外貨を使った資産運用として知られていますが、実はかなり違う部分があるのです。今回は、外貨預金とFXはどのような違いがあるのか見ていきましょう。

わかると楽しい、イラストシリーズ#14レバレッ人 伝説の原始人。勢いのある狩りで繁栄し急激にその数を増やしたが、その後の環境の変化に対応できず滅びるのもまた速かった。

レバレッジについて、詳しくは下記「FXの特徴とは?」をお読みください。

外貨預金の特徴とは?

外貨預金は、海外のさまざまな通貨を金融機関に預金することです。日本円を銀行に預けるのと同じ感覚でわかりやすく、手間がかかりません。外貨預金の特徴としては、次の2点が挙げられます。

・日本円に比べ、比較的高い金利が受けられる
超低金利と呼ばれる日本(※)とは異なり、世界には高金利の通貨もあります。高金利の通貨をまとまった金額で預けておけば、それだけ高い利子を受け取ることができます。
(※2018年3月現在)

・為替レートの差益・差損が発生する
為替レートは日々変化しています。例えば1ドル100円のときに10,000ドル(100万円分)を預金したとしましょう。その後、円安が進み1ドル110円になると、日本円で110万円となり、10万円分の為替レートによる差益が発生することになります(※)。反対に、円高となると、為替レートによる差損が発生することになります。
※実際の取引には為替手数料が発生します。

FXの特徴とは?

FXは、「外国為替証拠金取引」を意味します。まず、FXの専門会社やFXを扱う金融機関に「証拠金」を預け、これを担保として為替取引を行います。外貨預金と似ていますが、FXには外貨預金にはない、以下のような特徴があります。

・預けた資金以上の取引ができる
FXでは、預けた証拠金の数倍の取引ができます。このシステムを「レバレッジ」といいます。例えば、証拠金が100万円で、レバレッジを10倍に設定したら、1,000万円までの通貨取引ができるのです。利益が発生した場合、受取金額が大きくなりますが、反対に損益が発生した場合も大きな金額となりますので、注意が必要です。

・スワップポイントと呼ばれる差益・差損が発生する
低金利の通貨で高金利の通貨を買った場合、「2つの通貨の金利差」を受け取ることができます。これが「スワップポイント」です。外貨預金の金利に似たものですが、スワップポイントは毎日受け取れるという点が魅力です。ただし、高金利の通貨で低金利の通貨を買った場合は、逆に差額分を支払うことになります。

・取引きできる通貨が多くコストが安い
一般的な傾向ですが、FXでは外貨預金よりも多くの通貨を取引できます。そのため、為替の状況を見ながら、より有利な通貨を選んでいくことができます。
また、外貨取引に必要な為替手数料が安いのもFXの特徴です。一般的に外貨預金よりも、FXのほうが手数料が安いため、外貨預金に比べ頻繁に取引をする投資家が多いといわれています。

外貨預金とFX、どのように使い分ける?

外貨預金とFXには先に述べたような特徴の違いがありますが、どのように使い分ければよいでしょうか?

・手間をかけずに安定的に増やす「外貨預金」
あまり手間をかけず、ある程度「預けっぱなしにしたい」という人は、外貨預金が良いでしょう。ただし、預けっぱなしといっても、預金した通貨が暴落してしまうと大きな損失が出ますから、為替の状況や現地の政情などは、定期的にチェックするのが良いでしょう。
よく海外旅行に出掛ける人なら、現地の通貨を預金しておくと、現金やトラベラーズチェックで引き出すこともできる金融機関もあります。

・攻めの運用で短期間に利益を出す「FX」
FXは、利益の出そうな通貨取引をみずから仕掛け、レバレッジを活用して大きな利益を得ることができます。

その反面、正確な情報取得力や、タイミングを逃がさない判断力などが求められ、一般的には初心者にはハードルが高いと言われています。レバレッジを利かせた大きな取引ができるということは、大きな損失を被るリスクもはらんでいます。その点はしっかり認識しておくようにしましょう。

外貨預金かFXか、自分に合った運用をしよう

外貨預金とFX、どちらも一長一短があります。
自分の経験や性格を考慮し、どちらが向いているのか、よく考えて運用してみてください。