わかると差が出る、資産運用キホンのキわかると差が出る、
資産運用キホンのキ

2018.5.23

わかると差が出る
「カントリーリスクとは?」

金融商品には、さまざまなリスクがありますが、その中でも突発的に起こり、価格変動に大きなマイナス要因を与えるのが、「信用リスク」「流動性リスク」「カントリーリスク」です。
今回は、国や地域の情勢によって起こるカントリーリスクについて解説していきます。

カニ獲りリスくん サラリーマンリスくんシリーズの続編「脱サラリスくん」シリーズの第4弾。カニ漁師となったリスくんが漁業組合内でおこる内乱や不正に立ち向かう。

カントリーリスクについて、詳しくは下記をお読みください。

カントリーリスクは国の情勢が変化することで起こる

カントリーリスクとは、投資している国や地域の金融危機や政情不安などが起こることで、価格が大きく変動するリスクのことを指します。
カントリーリスクが発生するのは、その国における急激なインフレや通貨・株価などの急落、国債の債務不履行(デフォルト)といった経済情勢の変化など、さまざまな要因が挙げられます。また、政権交代などの政治情勢の変化も影響することがありますし、紛争や内乱、テロが起こった場合も、カントリーリスクにつながります。さらに、地震や津波、噴火といった大規模災害などの発生がカントリーリスクと判断され、その国に投資していた資金が引き上げられることもあります。

カントリーリスクはすべての国にある

カントリーリスクは、すべての国に存在しますが、一般的に中南米やアフリカ、アジア、中東の新興国において、カントリーリスクが起こりやすいといわれます。確かに経済が不安定だったり、政治情勢が不安定だったりする国の場合は、注意が必要でしょう。

ただし、予測できない事態はどの国にも起こりえます。経済危機に陥った国は、これまでいくつか例があります。2008年9月に米リーマン・ブラザーズの経営破綻が引き金となった金融危機「リーマンショック」も、さまざまな国に大きな影響を与えました。自然災害も予測は難く、どの国が安全だとはいえないのです。

カントリーリスクの指標とは?

格付会社や調査会社が、カントリーリスク調査を行っています。調査項目としては、財政状況や国民所得、外貨準備高、対外債務、国際収支といった金融情報をはじめ、政治や社会の安定度などを考慮し、総合的にカントリーリスクがあるかどうかを判断します。
格付会社は、国や企業の信用リスクを評価して、各社それぞれアルファベットや数字で示します。
例えば、大手格付け会社のスタンダード&プアーズ(S&P)は、「AAA」が最上位となり、「AA」「A」といったように続き、最下位の「D」まで細かくランク付けされます。同じく、大手格付け会社であるムーディーズでは、「Aaa」「Aa1」「Aa2」といったように続き、最下位が「C」となります。
その数値や各国のカントリーリスクの危険度は公表されており、投資をする際の判断材料として利用可能です。

外貨預金におけるカントリーリスク

外貨預金とは、日本円を海外の国の通貨へと両替して預金するというもので、日本円で銀行預金をするよりも金利が高い傾向があります。
ただし、その国の政治情勢や経済情勢が、直接、その国の通貨の価値に反映されますので、カントリーリスクが生じます。

投資信託におけるカントリーリスク

投資信託は、国内外の株式や債券、不動産などを組み合わせた金融商品です。投資信託にはさまざまな種類が存在しますが、海外の国債を組み入れた投資信託や、海外の株式を組み入れた投資信託には、カントリーリスクが生じます。

カントリーリスクの影響を考慮する

カントリーリスクは、国家単位のことなので、その影響度は計り知れません。
カントリーリスクは予測が難しいものの、投資を行う際は、国際情勢にも目を配るようにしましょう。