こだわりハウス、見せてもらっていいですか?

2022.1.19

土地探しから約4年! 埼玉県で理想の住まいを購入した正さんファミリーの節約&資産形成術

土地探しから約4年! 埼玉県で理想の住まいを購入した正さんファミリーの節約&資産形成術
FPとMoney VIVA編集部が一般のご家庭に突撃取材! 住居にかかっている費用や日々の家計管理術、将来に向けての資産形成術など、マネーに関するあれこれをお聞きしてFPがアドバイスする連載企画「#こだわりハウス、見せてもらっていいですか?」。


第4回は埼玉県にお住まいの正さん(仮名)一家です。お子さんが生まれた頃からマイホームの購入を検討し、約4年かけて条件の合う土地を選定。お金の使い道が明確なご夫婦に、節約や資産形成のコツを伺いました。

正さん一家のプロフィール

正さん(夫)……40歳、会社員
愛さん(妻)……42歳、専業主婦
祐樹くん(長男)……7歳
ここがポイント!

窓からの景色にこだわってリビングを2階に

――マイホームの購入を考え始めたのはいつ頃ですか。

正さん「息子が生まれた、2014年頃です」

愛さん「息子が小学校に上がる前には引っ越したいね』と話していました。立地、予算、周辺環境など様々な条件と照らし合わせて、申し分のない土地を見つけるまでに約4年かかりました」

正さん「建物部分も、なるべく理想を実現させたいと思い注文住宅を選びました」

――住まいのこだわりポイントを教えてください。

愛さん「隣接する公園の桜を楽しめるよう、リビングを2階にしたことです。あとはキッチンやバスルームなどの水回りを集中させて生活動線を短くしています」
隣接する公園の桜を楽しめるこだわりのマイホーム
正さん「僕は書斎ですね。約2畳と広くはありませんが、内装にもこだわって床や壁の材質も自分一人で決めました」
正さんお気に入りの書斎

毎月の返済額は71,000円。土地と建物別々に住宅ローンを組む

――マイホームの購入費用について教えてください。

愛さん「土地が900万円、建物は頭金を入れて3,050万円です。月々の返済額はあわせて71,000円です」
正さん一家の住宅の間取り
正さん「建売だとローンは一つで済みますが、注文住宅は土地代が先に必要で。つなぎ融資ではなく、土地と建物で別々に二つローンが組める金融機関を探すのが大変でした。マイホームの購入で一番苦労した部分かもしれません」

高山先生「頭金が200万円と低めですね」

正さん「預貯金は十分にあったのですが、住宅ローン減税の制度を目一杯活用したくて。我が家の場合、所得税・住民税共に控除されるので、とても助かっています」

高山先生「制度を利用するために、あえて調整されたのですね」
高山先生Point
高山先生Point
住宅ローン減税は、毎年の住宅ローン残高のうち1%が控除されます。あえて頭金を低くすることで、その恩恵を十分に受けるのも手段の一つ。10年で減税期間が終わるので、その後は繰り上げ返済なども検討してみてください。
住まいの購入にかかった費用一覧①
住まいの購入にかかった費用一覧②
住まいの購入にかかった費用一覧③

支出は家族カードで一本化&見える化。息子の将来のためにお金を残したい

――次に月々の支出を見ていきましょう。高山先生、いかがですか?

高山先生「どの費目も無駄がなく、堅実に生活されているのがわかりますね」

愛さん「ありがとうございます。食材は、地元のものを特売で安く買うようにしています。あとは、家族での外出の際は自治体の無料イベントを調べて参加するなど、お金をかけずに思い出作りができる過ごし方を工夫しています」
正さん一家の毎月の支出
正さん「我が家は支払いを家族カードで一本化し、家計簿アプリで家計を管理しています。一目で支出がわかるのでとても便利ですね。キャッシュレス決済は使えば使っただけポイントもたまるので、積極的に取り入れました」
正さん一家①
高山先生「家計簿アプリを利用すると、使った金額が自動的に『見える化』できて無駄遣いを防ぐ効果があります。お二人はメリットをしっかりと理解して活用されてますね。また、キャッシュレス決済にするとポイントもたまりますし、とても効率的だと思います」

愛さん「ただ切り詰めるのではなく、節約や家計管理は『楽しい』と思える範囲で行うのが良いと思っています」
高山先生Point
高山先生Point
家計簿アプリを使うと支出の「見える化」が簡単にできます。支出の把握ができているご家庭は、お金がたまりやすい傾向にありますよ。

手間を惜しまず運用することで、将来に備えてしっかり資産形成!

――正さんは、3年前に投資を始めたそうですね。

正さん「個別株や投資信託を買っています。投資信託では、いろいろな銘柄を50本ほど。積立額は月2万円くらいです」
正さん一家の毎月の貯蓄
正さん一家の現在の金融資産
高山先生「50本も!? かなり多いですね」

正さん「購入ポイントの利率が最も高くなるように買っていたら、こうなりました(笑)」

高山先生「なるほど。財形貯蓄と持ち株会でも5万円ずつ積み立てているのですね。資産全体のバランスを考えると、もう少し投資信託の購入額を増やしても良いと思います」

――今後、大きな出費の予定はありますか?

正さん「家の修繕費や息子の教育費でしょうか。修繕費は財形貯蓄で積み立てた分を充てるつもりで、進学費用に関しては学資保険に入っています」

高山先生「しっかり備えていますね。預貯金が十分にありますので、一部を運用に回しても良いかもしれません。非課税のつみたてNISAなどを検討してみるといいですよ」
高山先生Point
高山先生Point
つみたてNISAは、年間40万円までの利益が最長20年間まで非課税。長期運用に向いた制度なので、お子さんの大学進学費用など、準備期間が長い費用を想定して運用するのがオススメです。

節約生活を楽しみつつ、家族3人でたくさんの思い出を作りたい

――将来に備えて預貯金も資産形成もしっかりされていますが、今後の目標はありますか。

正さん「コロナ禍が落ち着いたら、年に2回は家族旅行に行きたいですね」

愛さん「今まで通り、楽しみながら節約生活を送っていきたいです」

正さん「僕は調べることが好きで、マイホームの購入も資産運用も自分なりに情報収集をしてきました。これからも有益な情報を集めて、将来のために活用していきたいです」
正さん一家②
高山先生「ご自身で積極的に情報を集めるのはとても良いですね。あとは、資産運用について話ができる方が周りにいると、モチベーションも保ちやすいと思います。ぜひ、これからもご夫婦で話し合ってみてください」

国の制度やお得な節約方法をしっかり調べて活用する、正さんファミリー

――住宅ローン減税の制度から家計簿アプリの活用、投資信託の購入など、調べて得た知識をきちんと実行に移されているのが印象的でした。

高山先生「お子さんに十分なお金をかけていきたいという、明確なライフプランをお持ちのご家族でした。そこに向けて行動されているのが素晴らしいですね」

――調べるだけで終わらず、実際に行動する一歩を踏み出す勇気が大切なのですね。

高山先生「たとえば住宅ローン減税は、入居した翌年の確定申告時に申請しなければ、減税の恩恵を受けることはできません。調べて終わるか、実際に行動に移すか。この二択で人生が大きく変わりますよ」

自動でラクラク投資!いまさら聞けない!つみたてNISAって?:三井住友銀行

※2022年1月現在の情報です。今後、変更されることもありますのでご留意ください。

家計アドバイス:ファイナンシャルプランナー 高山一恵

シリーズの記事一覧を見る >

本サイトの掲載情報は、各記事の掲載時点で当行が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当行は保証を行っておりません。