こだわりハウス、見せてもらっていいですか?

2022.11.9

贈与税の非課税措置を活用してマイホームを購入。実家の援助を受けながら、安定的に資産を増やしていく方法は?

贈与税の非課税措置を活用してマイホームを購入。実家の援助を受けながら、安定的に資産を増やしていく方法は?
FPとMoney VIVA編集部が一般のご家庭に突撃取材! 住居にかかっている費用や日々の家計管理術、将来に向けての資産形成術など、マネーに関するあれこれをお聞きしてFPがアドバイスする連載企画「#こだわりハウス、見せてもらっていいですか?」。

第8回は東京都にお住まいの智さん(仮名)一家です。23区内で中古マンションを探していた智さんご夫婦ですが、とある理由から戸建住宅を購入。今では、戸建住宅ならではのメリットを大いに感じているそうです。住まいへのこだわりや今後の人生設計についてお聞きしました。

プロフィール

智さん(夫)……29歳、信用金庫勤務
美穂さん(妻)……29歳、保険会社勤務(産休中)
花林ちゃん(長女)……2歳
ここがポイント!

23区内の駅チカ物件を探し、お手頃価格で戸建ての分譲物件を購入!

――お二人がマイホームの購入を考えるようになったのは、いつ頃ですか。

智さん「私たちは共働きで、二人とも全国転勤のない仕事なので、以前からマイホーム購入を考えていました。娘の誕生を機に、広い家に引っ越そうと話し合うようになったんです」
広いリビング
――マイホーム選びの条件は?

智さん「23区内で、勤務先から遠くない場所で探しました」

美穂さん「私は最寄り駅から徒歩圏内であることが、一番の条件でした」

智さん「予算は4,000~5,000万円で、当初は中古マンションを探したのですが、どれも価格が高くて断念せざるを得ないことに。そこで知り合いの不動産屋に相談したところ、戸建ての分譲住宅をすすめてくれました」

美穂さん「駅から近いし、当初の分譲価格よりも数百万円ほど安くなっていて、お得感もありました」

――実際に住んでみた感想はいかがですか?

美穂さん「とても住み心地が良いですね。子どもが多少騒いでも、戸建てなら近隣の方に迷惑をかけづらいので、その点も助かっています」

――住まいのお気に入りポイントを教えてください。

美穂さん3LDKに納戸が二つあって、広さも十分なのが気に入っています」
1階間取り図
2階間取り図
3階間取り図
智さん「僕は駐車スペースがあることですね。先日車を購入したので、駐車場代がかからないのはありがたいです。コストパフォーマンスの面でも、戸建住宅にして良かったですね」
高山先生Point
高山先生Point
・マイカーを利用する方でマンションの購入を検討されている方は、駐車場の有無や駐車台数などもチェックしましょう。23区内のマンションの場合、月々の駐車料金は3~4万円が相場です。
▼みんなはどうしてる? マイホームの選び方
こだわりハウス、見せてもらっていいですか?

頭金を1,400万円入れて、月々の返済額を10万円以内に抑える!

――当初の分譲価格よりも安く購入できたとのことですが、購入価格はどのくらいでしたか?

智さん「土地代と上物合わせて5,000万円です。頭金は1,400万円で、4,000万円を住宅ローンで借りました」

美穂さん「月々の返済額は97,000円で、ボーナス時に60,000円ずつ上乗せしています」
借入額と返済額
高山先生「頭金をかなり多めに入れたのですね」

美穂さん「はい、私の実家が援助してくれて」

高山先生住宅取得資金贈与(高山先生Point参照)の恩恵を受けられたのですね。住宅取得資金贈与の特例は、年々非課税になる金額が縮小されているので、良い時期に贈与を受けたと思いますよ。頭金を多く入れた分、住宅ローンの返済額を低く抑えることができています。ボーナス払いを併用している理由はありますか?」

智さん「60,000円くらいなら、負担にならないかと思いまして」

高山先生「なるほど。その程度ならボーナス払いを利用しても家計の負担にはならないかもしれませんが、ボーナスは景気の影響を受けて大きく減額される可能性もあるので、気をつけてくださいね」

智さん「ありがとうございます。今は家計に余裕があるので大丈夫だとは思いますが、ボーナスが減額される可能性があることを肝に銘じておきます」
高山先生Point
高山先生Point
・住宅購入時に実家から頭金を援助してもらう場合、「住宅取得資金の贈与」の特例が利用でき、一定金額まで非課税になります
・住宅ローンは月々の返済のみにして、ボーナス払いの併用はしないことをおすすめします。特に近年は、コロナの影響でボーナスが減額されるご家庭が少なくありません。十分にゆとりをもってローンを組むことが大切です。
▼「住宅取得資金の贈与」についてくわしく
相続税にどう備える? 贈与税がかからない生前贈与の5つの方法

▼借入可能額を調べてみる
住宅ローンシミュレーション

プライベートブランドを中心に、安くて品質の良い商品を賢く購入!

――月々の支出についても見ていきましょう。
毎月の支出
現在の金融資産
智さん「わが家は夫婦別財布で、妻が食費や日用品などを、私が保育代や光熱費などを負担しています」

美穂さん「住宅ローンや通信費は、おのおので負担しています」

高山先生「共働き世帯にしては、とても堅実な家計ですね。食費が10,000円というのは?」

美穂さん「実は夫の実家が近く、義父が食費を負担してくれることがよくありまして。それで食費が抑えられているのだと思います」

――家計管理で気をつけていることはありますか。

美穂さん「高級品は避けて購入するようにしています。特に食材はプライベートブランドでも質の良いものがありますし、おいしいのでよく買っています」

高山先生「ご自身の中できちんと価値基準を設けていらっしゃるのですね」

美穂さん「ありがとうございます。あとは夫婦そろってブランド物に興味がないので、自然と節約ができているのかもしれません(笑)」
智さんご家族
――智さんは投資をされているとお聞きしました。

智さん「はい、昔から投資に対して興味がありまして。今は日本株を短期で売買しています」

高山先生「それはすごいですね。ただ、日本株が金融資産の約9割を占めているのが気になります。お子さんもいらっしゃいますし、万が一のことを考えて、もう少し現金の比率を上げるのをおすすめします。お子さんがいらっしゃる場合、できれば生活費の1年分の貯蓄は準備しましょう」

美穂さん「逆に、私は投資でリスクを背負うことに抵抗が……。ただ、最近は友人から『つみたてNISAやiDeCoを始めた』と聞くことも多く、興味はあります。何から始めるのが良いのでしょうか?」

高山先生「積立投資なら、リスクを軽減することができますよ。つみたてNISAやiDeCoなら税制優遇がありますし、中長期的に安定してお金を増やしていけるので、ぜひ検討してくださいね」
高山先生Point
高山先生Point
・お子さんがいらっしゃって資産運用をする場合、生活費の1年分程度の現金を確保したうえで、余剰資金で行うようにしましょう。
小さなお子さんがいるご家庭は、今のうちから教育費の準備を始めましょう。長期・積立・分散投資ができ、20年間非課税になるつみたてNISAがおすすめです。また、智さんご夫婦のように共働き家庭であれば、所得税や住民税が安くなる効果のある iDeCoも良いでしょう

まもなく第二子が誕生! これからも穏やかで幸せな生活をしていきたい

――今後の人生設計で、目標にしていることはありますか。

智さん「実は、年内に第二子が生まれる予定です。今後の人生設計で考えているのは、子どもの進学とリフォームくらいでしょうか。その時々で必要なお金を用意できればと思っています」

高山先生リフォーム代の平均値は、300~500万円ほどです。教育費は進学プランにより、かかる費用がだいぶ違います。事前にライフイベントを想定して、それに備えて資産を形成するのはとても良いことですよ。お二人で今後のことを話し合いながら、穏やかで幸せな家庭を築いてくださいね」
もうすぐ第二子誕生予定の智さん一家
智さん「ありがとうございます。これからも、穏やかで幸せな生活をしていけたらうれしいです」

美穂さん「私も夫と同じ気持ちです。高山先生にいただいたアドバイスを参考に、夫と話し合いながら今後のことを考えていきたいです」

まずは家計の見える化から。夫婦の気持ちを一つにすることが、幸せな未来の第一歩に

――智さんご夫婦はご実家の援助を受けながらも、贅沢をするのではなく、身の丈に合った生活をされているのが印象的でした。

高山先生「ブランド物を買わずに質の良いプライベートブランドを購入されるなど、お金の使い方も工夫をされていましたね。一方、旦那さまは株の短期売買を積極的に行っているものの、奥さまは資産形成に対して消極的なのが気になりました」

――共働きですし、ご実家の援助もあるので、のんびり構えていらっしゃるのかもしれませんね。

高山先生「とはいえ、やはり先々のことを考えて準備をすることが大切です。今はつみたてNISAなど、低リスクで安定的に資産を増やしていく方法がたくさんあります。お二人が目指している“穏やかで幸せな生活”を維持するためにも、まずは夫婦二人できちんと話し合って、できれば夫婦共有で家計を管理し、見える化するところから始めてほしいですね」

▼家計管理に関するアンケート調査はこちら
夫婦の家計管理、あなたはどうしてる?

▼家計の見える化をサポートするアプリが登場
【三井住友銀行アプリ】新機能でさらに便利に!お客さまに合わせた情報をお届け

※2022年11月現在の情報です。今後、変更されることもありますのでご留意ください。

監修:高山 一恵

シリーズの記事一覧を見る >

本サイトの掲載情報は、各記事の掲載時点で当行が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当行は保証を行っておりません。