HOME > 見る。考える。資産運用 > ポートフォリオって何? どうやって組み立てたらいい?

見る。考える。資産運用

2018.1.17

#8ポートフォリオって何?
どうやって組み立てたらいい?

ポートフォリオとは、金融資産の組み合わせのことをいいます。このポートフォリオの中の資産配分を変えることで、資産運用の方向性が決まります。積極的に大きなリターンを得ようとするなら、リスクが大きい金融商品の配分を多くし、手堅く運用したいと考えるならば、リスクが小さい金融商品の配分を多くすることになります。

ポートフォリオの
具体的な作成例をチェック

ポートフォリオを考える前に、まず各金融商品の特徴を知っておく必要があります。
ここでは、「株式」と「債券」の違いを見てみましょう。

「株式」と「債券」の違い 株式 好景気に強い リスク・リターンが大きい 例えるなら・・・晴れの日に元気なトラさん 債権 不景気に強い リスク・リターンが小さい 例えるなら・・・雨の日に元気なカエルさん

続いて、積極的に資産運用したい場合のポートフォリオ例を見てみましょう。
長期保有を味方にしてリスクを抑えられて、リターンの高い「株式」の割合を多くしてみるのも良いかもしれません。

積極的な運用をしたい場合 「株式」の資産配分比率の高いポートフォリオ

逆に、手堅く資産運用したい場合のポートフォリオ例です。
「債券」の資産配分を多くし、リスクの高い「株式」を少なくしています。

手堅く運用したい場合 「債券」の資産配分比率の高いポートフォリオ

このように、まずは各金融商品の特徴を知った上で、ご自身に合うポートフォリオを考えてみましょう。

ここがポイント ここがポイント

投資目的や、運用期間、ご自身のライフスタイルに合わせたマネープランに応じて、ポートフォリオを考えてみましょう。