見る。考える。資産運用見る。考える。資産運用

2018.2.7

#11分配金は、「受取型」と「再投資型」どちらが良いの?

#10では、投資信託の分配金について解説しましたが、分配金には、「受取型」と「再投資型」の2種類があります。「受取型」はその名の通り、分配金を現金として受け取れます。「再投資型」は、受け取った分配金を現金にせず、そのまま同じ投資信託を追加購入し、利益を生み出すための元本にすることです。前回と同様に、ニワトリと卵を使って解説します。

産まれた卵を
どう使うかがカギ

受取型と再投資型の違い 普通分配金の例

運用利益(卵)が多く得られた場合を見てみましょう。
このとき、産まれた卵を分配金として受け取り、換金するとすぐにお金が手に入ります。これを「受取型」といいます。生活費やおこづかいの足しにするなど、定期的に運用の成果を少しずつ受け取りたい場合に適しています。

一方、分配金として受け取った卵を再び育てて、ニワトリに成長させ、とれる卵を増やしていくこともできます。これを「再投資型」といいます。
複利の効果が期待できますので、長期での投資を考えている場合は、再投資型を検討してみてはいかがでしょうか?

ここがポイント ここがポイント

少しずつでも運用の成果を受け取りたい方は「受取型」、長期で運用して資産を増やしたい方は「再投資型」など、自分のライフスタイルにあわせて選択しましょう!