マネーミステリー 天ノ川夫妻の事件簿マネーミステリー
天ノ川夫妻の事件簿

2019.1.16

親から子へ、未来のギフト(後編)

前回のあらすじ】
判じ物が見つかったと聞きつけ柏木宅に訪れた京と明日美だったが、実物を見ても謎は解けないまま。その家の主・柏木夏雄の話を聞くと、どうやら夏雄の父が遺したものだという。どんな父親だったのかと話をするうちに京はあることに気づく「今、何かが下りてきています」―夏雄の父が遺したメッセージの意味とは?

イラストレーション:西山 寛紀

京はバスタブの中で、夏雄の父親が書き残した紙切れの数字を思い浮かべていた。かれこれ小1時間ほど湯に浸かっている。これが京の謎解きのスタイルなのだ。
数字は何を示しているのだろう。父親は夏雄の持ち物にマジックで720と書いたりしていたと言う。夏雄だから7(な)2(つ)0(お)。紙切れに書かれた数字も同じようにこんな風に読める。4310(読み取れ)、4049(四をよく)、36.40.(見ろ。四を。)、046760(惜しむな労を)、1092(特に)、96079(苦労なく)、3310(ささっと)、1093(解くさ)
しかし言葉に置き換えても意味は分からない。そもそも最初の4310を「読み取れ」と読んでみたけれど「シーサーと」「シーザーと」など何通りにも読める。他の数字も同様だ。
「シーザー?」水中を泳ぐ魚の影のように何かが脳裏をよぎった。
京は「シーザーの暗号」を思い出した。ジュリアス・シーザーが使ったとされる暗号で、アルファベットを一定の文字分ずらして表記する。3文字分ずらすとCAT(猫)ならFDWだ。
もしかして4310は「シーザーの暗号」で「読み取れ」と言っているのだろうか。これに続く数字を京は「4049四をよく」「36.40.見ろ。四を」と読んでみた。間違いでなければ「シーザーの暗号のように、それぞれの数字の かたまり の中の4番目の数字を読め」と受け取れるのではないか。 京は4番目の数字をつないだ。09072703
おくお 0 9 0 …… れいくお 0 9 0 」なかなか意味を成さない。しかしメッセージはきっと込められているはずだ。夏雄は父親を「言葉遊びが好き」だと言っていた。「柏木だからカシワの木、父は言葉遊びが好きな人でしてね」と。
「ああ!」京はバスルームを飛び出し、リビングに駆け込んだ。
「京ちゃん! 素っ裸!」
「今、百パーセント、下りてきた!」

日曜日、柏木家の庭に京と明日美、美和と夏雄が集まった。ソフィーは明日美の腕の中で興味深げに瞳を動かしている。
「先日、僕は『¥5500000』とはお父様が遺したお金で、他の数字はそのありかを示した暗号ではないかと言いました。その推理は間違っていなかったと思います」
京は「09072703」と書いた紙を掲げた。
「数字に託されていた指示に従って4番目の数字をつなぐと、こうなりました。なかなか意味を読み取れなかったのですが、ふとこの庭にあるカシワの木を思い出したんです。カシワは英語でダイミョウ・オークなどと言います。09をオーク、つまりこのカシワの木を指しているのだと仮定して、残りの072703を見てみると方位を示す数字が2つ見つかりました。 方位磁石 コンパス をご存知ですね。丸い懐中時計のような形で、盤面に360度の目盛りがあります。目盛りは0度が北を、270度が西を指すように作られています。と言うことは……」
京は張り出し窓の洋室を指さした。「09072703の数字は、このカシワの木から0度つまり北に7m行き、次に270度つまり西に3m行った場所を指している可能性があります」

そこは洋室のソファの真下だった。
京は「失礼します」と言ってソファをずらし、古いペルシャ 絨毯 じゅうたん の端を持ち上げて、床とのすき間に腕を入れた。指先が異物に触れる。京はそれを絨毯の下から引っ張り出した。夏雄の父親である柏木春樹名義の古い定期預金の通帳だった。
3人が京を取り囲み通帳に視線を注ぐ。京は通帳のページをめくった。昭和45(1970)年7月に100万円が入金されていた。預金はしばらくの間、利子が加わり順調に増えていたが、5年後の昭和50(1975)年8月に全額が引き下ろされ、残高は0円になっていた。
4人は同時にため息をついた。
「京ちゃん、どういうこと?」
「お父様は賞金の100万円には1円も手をつけず、全額、長期運用するつもりだったんだよ。¥5500000は目標の金額だったんじゃないかな。1970年代から80年代にかけての金利は、調べてみたら今よりもずっと高かった。例えば郵便貯金の10年定期の金利が12%の時もあったんだ。『仮に100万円を年利10%の複利で運用できたら、18年で約550万円に増える』お父様はそう考えていたんだと思う。だから通帳に手を付けないよう保管して、場所を忘れないように暗号を残したんだ」
京は夏雄を見つめた。「お父様が賞金を運用しようとした理由も、5年後には解約した理由も、お分かりなんじゃありませんか?」
「父は私の大学進学の資金を貯めるつもりだったんだと思います。亡くなった母が言っていました。私が幼いころ父はまだ貧しくて、このままでは息子を大学に行かせられないと心配していたと。だから私が18歳になるまでに資金を貯めようと運用を始めたのでしょう。賞金で研究用の書物を買いたかっただろうに」
夏雄は まぶた をしばたいた。「私は5歳の時、心臓の手術をしました。生まれつき心臓が悪くて、体力がつくのを待って手術したんです。昭和50(1975)年のことでした」
「お父様はその時このお金を使ったんですね」
「私は父からの贈り物で生きられたんです。父は私が高校生の時に大学教授の職を得て、おかげで私は大学に進学できました」
夏雄は美和を見た。「美和、僕は秋人の……息子の将来をもっと考えてあげるべきだったな。あいつはアメリカの大学院への留学を希望していたのに、僕にはその夢を叶えてあげるだけのお金がなかった」

京がマンションのドアノブに鍵を差し込もうとしたその時、ドアが開き、明日美が先日よりさらに大きく瞳を見開いて夫を出迎えた。
「これ見て!」明日美は夏雄の父親名義の積立定期預金の通帳を見せた。「ソフィーが柏木さん からくわえて持ってきちゃったの!」
「通帳はもう1冊保管されていたんだ!」
京は通帳のページを開いた。一万数千円から二万数千円が、多い時には月に2回振り込まれ、残高は300万円を超えている。最初の振り込みは19年前、最後の振り込みは9年前だ。
「19年前と言うと秋人くんが生まれて間もなくだね。夏雄さんのお父様は秋人くんの将来まで考えていたのかな。そうか! お父様が見つけてほしかったのはこっちの通帳だったんだ。だとすると残高0の通帳は? もしかしたら、あの通帳を絨毯の下にまた入れたのは、お父様の気持ちを夏雄さんに知ってもらいたかった、お母様だったのかもしれない」
「ねえ京ちゃん、あたしたちも未来への贈り物を作ろうか? 年利10%は無理だけれど、投資信託なども交えて3%で運用できれば、100万円が30年後には240万円を超えるのよ」
明日美は未来を見つめる目をした。

天ノ川京のマネーコラム

未来へのギフトを実現する「複利」

「親から子へ、未来へのギフト(前・後編)」で、登場人物である柏木夏雄の父、春樹が、息子の未来のために活用したのは「複利」の力です。
「複利」とは「元本だけでなく利子もまた利子を生む」ことで、元本に利子を組み入れて運用することを「複利で運用する」と言います。
複利の効果は長期間運用するほど大きくなり、あの20世紀最大の物理学者アルベルト・アインシュタインが「宇宙で最も偉大な力」とまで呼んだとさえ言われるほどです。
複利がどれだけの利子を生み出すのか、元本だけを運用する「単利」と比較して見てみましょう。
100万円の元金を長期間運用するとして、その間の平均の金利(年利)が3%だったとします。複利でも単利でも1年後は103万円と一緒ですが、5年後には複利では115万9274円になり、単利の115万円を1万円近く上回ります。
さらに20年後には複利が180万6111円、単利が160万円とその差は20万円以上に、30年後には複利が242万7262円、単利が190万円とその差は50万円以上に広がります。3%の複利で運用すると元本は30年後には2.5倍近くにまで増えていくのです。
将来を見すえた長期安定運用によって、複利は未来へのギフトをもたらしてくれます。

登場人物

天ノ川京(あまのがわ・きょう/主人公)
33歳、マネー誌の編集者。推理小説を愛し推理作家を目指している。趣味は謎解き。優しい性格で妻の明日美に振り回される。
天ノ川明日美(あまのがわ・あすみ)
34歳、京の妻、フリーのファイナンシャルプランナー。好奇心旺盛で周辺で起きるマネーの謎にことごとく首を突っ込む。
ソフィー
♀2歳。額にハートの模様がある三毛猫。主人公夫婦の愛猫で出歩くのが大好き。時々、奇妙なモノを拾ってきて、それがマネーの謎を解くきっかけになったりする。
柏木美和(かしわぎ・みわ)
46歳、明日美の顧客。物置から判じ物のような数字が書かれた紙切れが見つかり、気になって夜眠れなくなってしまう。
柏木夏雄(かしわぎ・なつお)
48歳、美和の夫。判じ物のような紙切れは父が書いたものではないかと言う。
執筆:渋谷 和宏 (しぶやかずひろ)
作家・経済ジャーナリスト。大学卒業後、日経BP社入社。「日経ビジネスアソシエ」を創刊、編集長に。ビジネス局長等務めた後、2014年独立。大正大学表現学部客員教授。1997年に長編ミステリー「錆色(さびいろ)の警鐘」(中央公論新社)で作家デビュー。「シューイチ」(日本テレビ)レギュラーコメンテーターとしてもおなじみ。