HOME > おひとりさまシニア > 投資にだって興味津々! おひとりさまシニアの女性はいつまでもアクティブ

現役世代、必見!
おひとりさまの実録シニアライフ

2019.8.21

おひとりさまの実録シニアライフ

#2 投資にだって興味津々!
おひとりさまシニアの女性はいつまでもアクティブ

定年後のおひとりさまシニアは、どんなライフスタイルを送っている? ひとり暮らしのお金の心配ごとは?
人生100年時代と言われるいま、長い目で見れば、誰しも可能性のある「老後のひとり暮らし」。この企画では、意外と知る機会の無いその実態を、実際にひとり暮らしをするシニアの方への座談会を通じて、解き明かします。

第2回は、おひとりさまのまま気楽なシニア生活を楽しんでいる女性4名が登場。女性は平均寿命が長く、老後期間も長いため、第1回のシングル男性とは、ひと味違う視点を持っているようです。

Aさん

63歳。公務員からはじまり、さまざまな仕事を経験。運送会社のコールセンターを60歳で定年後、半年ほど継続雇用で働く。現在は退職し、年金暮らし。関心事は「終活」。

Bさん

72歳。生命保険会社を55歳で早期退職。臨時職員として1年間勤めたのち、親の介護をしつつパートタイムで1年ほど働き退職。現在は、ネコ4匹と年金暮らし。

Cさん

65歳。航空会社を56歳で早期退職。その後、転職活動するも再就職はせず、求職中は失業給付や退職金などで生活費をやりくり。今は年金暮らし。趣味は一人旅。

Dさん

66歳。元機械メーカー勤務。60歳で定年退職後、65歳まで再雇用で勤務。現在は年金暮らし。毎月の飲み会に忙しい。

最後に頼れるのはやっぱりお金(笑)!
おひとりさま女性は投資に前向き

物価が上がったら、実質、預金の価値も減るから、投資もしなきゃって。(Dさん)物価が上がったら、実質、預金の価値も減るから、投資もしなきゃって。(Dさん)

− 皆さんが現役のころは、結婚して夫の収入に頼るのが一般的だった時代ですよね。老後資金についてはどう考えていましたか?

Aさん
働けるうちに資産形成しなくちゃとは思っていました。もともと公務員で、しかも寮暮らしだったので、それは貯まる一方で(笑)。1970年代後半は金利がいい時代でしたし、定期貯金のほか保険や国債も買いましたね。ところが、退職後に投資でやられてしまって...。FXで100万円くらいマイナスを出してしまいました。

−ええっ!?

Aさん
のめり込んじゃったんですよね。実は、それがFXを口実にした金融詐欺だったんです。ちょうど手元に退職金がある時期で、配当が年2割になると聞いて...。独り身だと相談する相手がいないし、先々の不安もあったので、少しでも増やせればと...。配当は一度だけ受け取りましたが、元本の100万円は戻って来ませんでした。
Bさん
うちには家訓があって、"資産を増やすには、まず現金、それから株や債券、金や不動産を買いなさい"と(笑)。だから株・債券・投資信託、一通り買いました。外貨建て商品で少し損したこともあるけれど、それも勉強代ですよ。ビットコインはどうだろうと思っていた矢先にいろいろ事件が起きてしまい、静観しているところです。今は健康第一。お金については、なるようになるという気分かな。
Cさん
私は大手の会社に入り、そのまま30年以上勤めてきたので、老後の心配をあまりしたことがなかったですね。早期退職だったので退職金もそれなりにいただけて、求職中は失業給付ももらえ、60歳からは年金が受け取れて。生活するには十分です。
Dさん
私もずっと同じ会社で勤め続けたので、これくらいあればという金額は貯められました。でも、銀行に預けていても増えないし、物価が2%上がれば実質、預金の価値も減ることになるし。投資もやらなきゃと考えたんです。株も買っていましたが、ある時キャッシュレス決済機のオーナー制度を紹介されて。毎月レンタル料が入るという説明だったので、それに退職金の半分を...。でも、先行きが不安だったので、結局、元を取る前にやめましたね。

定年後は、旅行に飲み会にと日々充実

会社のOG・OB飲み会、GB(ジジババ)会の会社のOG・OB飲み会、
GB(ジジババ)会の

− 金融詐欺まで飛び出す衝撃の告白からのスタートとなり、やや動揺しています...。投資に前向きな皆さんですが、定年後の暮らしぶりについて教えていただけますか?

Cさん
旅行が趣味で、一人で出かけます。2~3カ月に一回は行っているんじゃないかしら。リピートする場所が決まっていて、宿の人とも顔見知りなので、ふらっと行っても歓迎してもらえて快適なんです。東京で暮らすのと同じように、全国に自分の拠点があるという感じ。旅は一人のほうがいいですよ。沖縄や札幌によく行くんですが、最近は一人旅の女性の姿が目立つようになりましたね。
Bさん
私は前の会社のOB・OGが参加するグループを作って、年に2~3回の飲み会をやっています。表からじゃなく、裏からあれこれ指示する"隠れ幹事"が私の役割。GB会って呼んでいるんだけど、意味はジジババ会(笑)。
Dさん
みなさんと同じく、旅や飲み会で忙しいですね。なんだかんだ予定が入っている。もともと出歩くのも好きです。
Aさん
私は現役時代は山登りが好きで、アクティブに動いていたんですけど...。もともと一つのことを長く続けるのが苦手なタイプで、これまでやりたい事を存分にやってきたから、もう思い残すことはないかなと。

−その発言は、まだ早いのでは...。

Aさん
人生いろいろ経験したし、詐欺にもあったし(笑)。逆に、勤めている時にはできなかった他愛ない近所づきあいが楽しいですね。定年して、やっと一般的な生活ができているという感じがします。

男性は"異文化の存在"。今後の結婚願望は?

支え合えるコミュニティがつくれれば、それで十分かな。(Aさん)支え合えるコミュニティがつくれれば、それで十分かな。(Aさん)

− いろんなお付き合いで日々充実していて、孤独を感じる暇はないようですが、これからのセカンドライフを誰かと一緒に過ごしたいとか、縁があれば結婚したい...なんて願望はあるのでしょうか?

Bさん
うーん...、ものすごーくお金持ちの旦那さんが現れたら考えてもいいけれど(笑)。
Dさん
茶飲み友達ならね。男性でなくてもよくて、持ちつ持たれつという感じで同じ屋根の下にいられる人がいれば。独りぼっちは少し寂しいかな。
Cさん
私は、昔から結婚願望はないですね。現役時代の職場でも、自立して生き生きと働いている女の先輩が多かったので。
Dさん
結婚するとなんでも自分優先とはいかなくなるでしょう。友人を見ていて、結婚生活はバラ色とばかりは言えないなあと感じたこともありましたね。
Aさん
私は若いころは結婚したかったです。婚活パーティみたいのは嫌で、自然に任せて...と出会いを待っていたんですが、そのまま何事もなく(笑)。結婚したかった反面、どんなに親しく話していても男性は「異文化」だと感じてもいました。 結婚して一緒に人生を歩んでいくのは大変そう。この年になると「異文化」と付き合うのはおっくうですから。じつは去年、骨折で入院して、その時に改めて考えたんです。この先、一人で動けなくなった時を想定して、どう準備しようかと。で、「終活」を意識するようになったんです。

−だから、まだ早いのでは...(汗)。

Aさん
そうですかね(笑)。でも、終活を考えたら、今さらパートナーどころか異性の茶飲み友達もいらない。それより、助け合って一緒に暮らせる女友達のほうがいいなと思えてきました。支え合えるコミュニティがつくれれば、それで十分じゃないかな。

これだけは伝えたい! 後輩女性へのエール

やみくもに節約するんじゃなく、資産形成は目標をもって。(Bさん)やみくもに節約するんじゃなく、資産形成は目標をもって。(Bさん)

− 色々と定年後の暮らしぶりを教えていただき、ありがとうございました。シニア生活をいきいきと楽しむシングル女性として、最後に後輩女性たちへのエールや、アドバイスを聞かせてください。

Bさん
世の中にいろんな情報があふれている時代ですが、うのみにせず、自分の頭を使って考えましょう、と伝えたいです。資産形成するのにもそう。自分がいつまで働けるか、そのあとの人生は何年あるか、物価がどのくらい上がるかも考えて目標金額を決めることが大事。目標もなく、やみくもに節約節約では続かないですから。
Aさん
私は、若い人たちを応援したい。そのためにできることはないかと考えています。とある資産形成セミナーで知り合った30代の独身女性がすごく堅実な人で。アルバイトの稼ぎの中からiDeCoに投資もして、老後のためにもちゃんと準備している。彼女たちに年金を支えてもらっている私たちが、何もしないのは申し訳ない気がします。だから、投資詐欺に遭った失敗談も含め、これまでの体験が役に立つなら伝えていきたいですね。
Cさん
楽しい老後のためには、自分からどんどん動くことでしょうね。好奇心を持ち続けることが大事だと思う。何にも興味がないということは、自分の人生にも興味がないということですから。仕事にも人生にも必要な姿勢だと思います。
Dさん
今は女性に経済力があって、結婚しなくても一人で生きていけると思っている人は多いと感じます。インターネットを介して何でもできる時代でしょう。コミュニケーションもメールでこと足りるから、言葉を直接交わさないことだってあるし。でも、人は一人では生きていけないですよね。全部ネットで、という生活は寂しいもの。人とのリアルなつながりも大事にしてほしい。この年になったからこそ、その大事さがわかるようになったと思います。
お金に対しても、暮らしにも、
「錆びない好奇心」を持ち続けることが
充実した定年後を送る秘訣

女性は保守的で、投資よりも預貯金で堅実に資産を守る...なんてイメージを見事に覆してくれた皆さんでした。刺激的な経験の数々も、ビットコインに興味を持つあたりも、いつまでも錆びない好奇心の表れ。最新のお金事情に関心を持ち続けることも、充実した生活を維持する秘訣なのかもしれません。結婚して家庭に入ることがスタンダートだった時代を一人で生きてきた女性たちはさすがにたくましく、取材に同行した20代女性の背筋も伸びていました。

※2019年8月現在の情報です。今後、変更されることもありますのでご留意ください。