現役時代から備えたい 定年後のリア充診断現役時代から備えたい
定年後のリア充診断

2019.6.12

10定年後、時間を持て余すのはどんな人?

「人生100年時代」が到来すると言われる今、定年後の長い老後に充実した時間を過ごすためには、生活を豊かに過ごすためのお金、そして家族や社会と上手に向き合うための少しの心がけが必要です。ファイナンシャルプランナー井戸美枝さんによる定年後のリア充診断、第10回目のテーマは「定年後の時間との向き合い方」について。現役時代から心がけておきたいヒントとともにご紹介します。

あなたの
「時間の持て余し指数」をチェック!

 

 

持て余す時間に四苦八苦?

私たちは物心ついたときから、毎朝一定の時間に起き、夕方~夜までを学校や会社で過ごし、週末は休む、という生活をしています。
そしてこのような生活を、仕事をリタイアするまで約60年にわたり続けています。

ところが、仕事をしなくなると、この生活パターンが突然変化します。
たとえば、現役時代に週休2日の会社員であった場合、週5日の働く時間帯が空白になり、生活の中核とも言える時間を、自分の好きなように使うことになります。

そう聞くと、「定年後は毎日が日曜日」という良いイメージを持つかもしれません。
ただ、日曜日が嬉しいのは、普段の活動とは離れてリフレッシュ出来るからで、そもそも活動することが減少する定年後には、そのありがたみは感じにくくなります。

また、現役時代は平日と休日で生活パターンに区切りがあり、起床や就寝の時間も異なると思いますが、定年後にはその差もなくなります。
仕事があると、連休明けなどに「曜日の感覚がズレる」ことがありますが、定年後は「曜日の感覚がなくなる」かもしれません。

普段仕事をしていた分の時間が一気に空くわけですから、定年後に仕事を完全にリタイアした人は、基本的には「時間を持て余す人」になるでしょう。
ただ、持て余す時間の多さに四苦八苦する人と、上手に対応する人には、違いがあります。

定年後の時間を充実して過ごすためには、自身の生活パターンそのものが大変化するということを念頭に置いて、準備しておく必要があります。

幼少期に好きだったことを、好きなだけやってみる

定年前は、日常のほとんどの時間を仕事のために使わざるを得ない状況で、他のことをするには時間が足りない、というのが普通だと思いますが、定年後は時間は持て余すほどたっぷりあります。

これまで常識であった「時は金なり」という価値観は、定年後には持たない方が良いでしょう。むしろ、充実した時間をどれほど多く過ごすことができるのか、という視点が大切になってきます。

たとえば、現役時代に週5日×8時間働いていた場合、定年後には、1週間で40時間(通勤や隙間時間を含めると週50時間)の時間を自由に使えるようになります。

まずは、自分の好きな分野から、時間をかけて楽しむということをしてみてはいかがでしょう。自分のやりたいことや好きなことが、自分でもよく分からないということもありますが、時間はいくらでもあります。
楽しそうなことは、なんでもやってみるということが大切です。

また、自分が心から楽しめるものは、実は幼少から少年期に見出すことが多いと言われています。それをヒントに、やりたいことを探すのもひとつの手です。

ただ、10代の時間の多くを受験勉強に費やした場合、好きなことを見つける機会を逃していたかもしれません。
そのようなときは改めて、「自分はどんなことが好きなのか」という「自分探し」をしてみるのも、定年後の楽しみのひとつになるでしょう。

「自分探し」をする時には、配偶者や家族に手伝ってもらったり、アドバイスをもらったりしてみてください。あなたの最大の理解者は配偶者であり、家族だからです。

楽しみは「過去」と「未来」から見つける!

定年後を楽しむためのアプローチは、2つあります。キーワードは「過去」と「未来」です。

60年の人生を振り返ったとき、もしかして思い出したくない過去もあるかも知れませんが、逆に、同じ時間を過ごした人とのつながりは貴重なものです。
小・中学校や大学、社会人生活など、それぞれの年代に応じて親しい仲間がいると思います。
たとえば、その人たちとの同窓会を開いて「過去」を十分に懐かしんでみてはいかがでしょう。幹事役になれば、さらに充実した時間を過ごすことができます。5~6つのコミュニティで同窓会が年に数回あれば、ほぼ毎月同窓会を楽しむことも可能です。

また、これからの人生を楽しむには、新しいことに挑戦することも重要です。
これも、できれば4~5つを同時並行で進めるのがおすすめです。何ごとも入門、初級、中級、上級、そしてプロというレベルがありますが、プロになる必要はもちろんなく、それぞれのレベルで時間をかけて楽しんで、階段を登っていってください。

このように「過去」と「未来」に一生懸命トライしても、まだまだ「時間」があるのが定年後。ぜひ楽しんで過ごしてください。

井戸 美枝(いど みえ)

CFP®、社会保険労務士。社会保障審議会企業年金部会委員。経済エッセイストとして活動。「難しいことでもわかりやすく」をモットーに、数々の雑誌や新聞の連載記事の執筆をはじめ、講演、テレビ、ラジオ出演などを通じ、生活に身近な経済問題、年金・社会保障問題を紹介。近著に『定年男子 定年女子』共著(日経BP社)、『100歳までお金に苦労しない定年夫婦になる』(集英社)、『届け出だけでもらえるお金』(プレジデント社)など。