本サイトのご利用にあたって

このサイト https://money-viva.jp(以下「当サイト」といいます)は株式会社三井住友銀行(以下「当行」といいます)が運営しています。当サイトをご利用される前に以下の注意点をお読みいただき、ご了解いただいた上でご利用ください。

掲載情報について

当サイトの掲載情報は、情報の提供のみを目的としており、特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨、勧誘する目的のものではありません。なお、この情報は、各記事の掲載時点で当行が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当行は保証を行っておりません。

著作権について

当サイトに掲載されたすべての内容(情報、商標、デザインなど)の著作権は、当行に帰属するものです。したがって、それらを無断で使用、複製、改変することを禁止します。

免責条項

  • 当サイトに掲載された情報により為された判断による行為で発生したいかなる損害に対しても当行は責任を負いません。
  • 当サイトは、予告なしに運営の中断や内容の変更を行うことがあります。
  • 当サイトから、リンクやバナーによって他のホームページへ移動できる場合があります。移動された先のホームページが株式会社三井住友銀行が運営するものでない場合、その内容等につきまして当行は責任を負いかねますのでご了承ください。

セキュリティについて

当サイトでは、お客さまの情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、漏えいなどのトラブルを防止するために、セキュリティを高めるための取組を継続的に実施しています。

使用環境について

推奨環境について

Windowsをご利用の場合 OS:7、8、8.1、10
ブラウザ:
Internet Explorer11以上、Microsoft Edge 最新版
Google Chrome 最新版
FireFox 最新版
Macintoshをご利用の場合 OS:最新版
ブラウザ:safari最新版
iPhoneをご利用の場合 OS:iOS7以上
ブラウザ:safari最新版
Androidをご利用の場合 OS:Android 4以上
ブラウザ:
標準ブラウザ
Chrome

クッキー(Cookie)、広告IDおよびWebビーコンの使用について

  • 当サイトにおいては以下の目的に限りクッキーを使用しております。クッキーとは、ホームページ(サイト)を利用したときにブラウザを通してお客さまのパソコン等の端末に一定の情報を保存しておくしくみです。次回以降(クッキーの有効期限内)お客さまが同じホームページ(サイト)にアクセスする時にクッキーに保存されたデータがホームページ(サイト)へ送信されます。
  • お客さまのブラウザからのアクセス状況を把握し、サイト改善等に役立てるため。
  • また、インターネット広告会社等が提供するリターゲティングサービス、サイト分析サービス等のため、第三者が発行するクッキー(サードパーティ)、広告IDおよびWebビーコンを使用することがございます。広告IDとは、アプリケーションの利用状況等を知るための技術です。Webビーコンとは、ページアクセスを知るための技術です。
  • 当該インターネット広告会社等によって取得されたクッキー情報等は、当該インターネット広告会社等のプライバシーポリシーにしたがって取り扱われます。
  • お客さまは、当該インターネット広告会社等のウェブサイト内に設けられたオプトアウトページにアクセスして、当該インターネット広告会社等によるクッキー情報等の広告配信への利用を停止することができます。

主なオプトアウトページのURLは以下になります。

Google:
https://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/(Googleのサイトを別ウィンドウで開きます)

Yahoo!Japan:
https://btoptout.yahoo.co.jp/optout/preferences.html(Yahoo!Japanのサイトを別ウィンドウで開きます)

その他の広告会社のオプトアウトページは、表示された広告に設置されているリンクからご確認いただけます。

  • クッキー(ファーストパーティ、サードパーティ)、広告IDおよびWebビーコンにはお客さまの情報(氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、口座番号等の情報)は一切含まれておりません。また、クッキー、広告IDおよびWebビーコンによってお客さまを特定することはいたしません。
  • なお、ブラウザの設定によりクッキーおよびWebビーコンの受け入れを制限することもできます。お使いのブラウザの「ヘルプ」メニュー等でご確認ください。また、スマートフォンの設定により広告IDの受入を制限することもできます。ただし、設定の方法によっては、一部のページが閲覧いただけなくなる場合がありますのでご注意ください。